報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

旧エガオ訴訟 業者側が全面勝訴 苫小牧市に583万円支払い命令 地裁室蘭支部

 【苫小牧、室蘭】JR苫小牧駅前の旧商業施設「苫小牧駅前プラザエガオ」を巡り、建物を所有する苫小牧市が土地を不法に占有しているとして土地の一部を所有する不動産業、大東開発(苫小牧)が市に賃料相当分などの損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、札幌地裁室蘭支部であった。塩原学裁判長は原告側の請求を全面的に認め、市に583万円の支払いを命じた。
 大東開発は、市が2015年に建物を取得した際に同社と土地利用に関する合意や契約を締結していないとして、市には土地を占有する権利がないと主張。一方、エガオの旧運営会社が自己破産を申請後、市は札幌地裁選任の保全管理人の求めを受け、再開発に向け土地建物の所有者から寄付を受ける形で権利集約を進めてきたが、「原告のみが土地の寄付を拒み、再開発を妨げている」と訴えていた。
(02/17 21:59 北海道新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます