報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

釧路4人殺傷、二審も無期懲役 札幌高裁「極めて危険」

 釧路市の大型商業施設「イオンモール釧路昭和」で2016年6月、客や店員の女性4人を包丁で襲い死傷させたとして、殺人などの罪に問われた元新聞配達員松橋伸幸被告(35)の控訴審判決公判が12日、札幌高裁であった。登石郁朗(といし・いくろう)裁判長は、被告を求刑通り無期懲役とした一審釧路地裁の裁判員裁判判決を支持し、松橋被告の控訴を棄却した。
 判決理由で登石裁判長は「強固な殺意に基づく極めて危険な犯行。無差別殺人の中でも重い部類に入る」と指摘。弁護側は「被告には統合失調症の病歴があり、動機に影響を与えた可能性がある」と有期刑を求めていたが、「計画性があり、冷静な判断に基づく犯行とした一審判決が不合理とは言えない」と退けた。
 控訴審判決によると、松橋被告は16年6月21日、仕事や人間関係に悩んで思い詰め、複数人を殺害して死刑になろうと考え商業施設に入店。戸沼雅子さん=当時(68)=の左胸を包丁で刺すなどして殺害し、客や店員の女性3人の顔や首を切り付けて殺そうとした。(松下文音)
(04/12 16:15 北海道新聞)

釧路4人殺傷 35歳男、2審も無期懲役 札幌高裁

 北海道釧路市の商業施設「イオンモール釧路昭和」で2016年6月、女性4人を切り付け、1人を死亡させ3人にけがをさせたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元新聞配達員、松橋伸幸被告(35)の控訴審判決で、札幌高裁(登石郁朗裁判長)は12日、無期懲役の一審釧路地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。
 釧路地裁は昨年11月の裁判員裁判判決で、被告の統合失調症を認めたものの、犯行時は完全責任能力があったと認めた。控訴審で弁護側は、犯行動機には統合失調症の影響があり、刑が重すぎると主張。検察側は控訴棄却を求めていた。(共同)
(2018年4月12日 10時45分(最終更新 4月12日 11時50分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます