報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

裁判官が女子高校生殺害事件をツイート 遺族が抗議

 2年前、東京の女子高校生が殺害された事件をめぐり、東京高等裁判所の裁判官が、自身のツイッターに「男に無残にも殺されてしまった17歳の女性」などと書き込み、遺族が「被害者の尊厳への配慮が全くない」として抗議する文書を裁判所に提出したことがわかりました。
 抗議されたのは、東京高等裁判所の岡口基一裁判官(51)のツイッターです。
 岡口裁判官は、2年前、東京・江戸川区で、高校3年生の女子高校生が殺害された事件で、今月1日に東京高裁の別の裁判官が被告の男に無期懲役を言い渡したあと、自身のツイッターに判決文が掲載されているホームページのアドレスを載せ、コメントを書き込みました。
 コメントは、「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無残にも殺されてしまった17歳の女性」という内容でした。
 亡くなった岩瀬加奈さんの両親の正史さんと、裕見子さんがツイッターを通じて抗議し、書き込みは削除されたということですが、両親は、「被害者の尊厳への配慮が全くなく、ちゃかしていると感じる書き込みで、強い憤りを覚える」として、26日、東京高等裁判所に抗議し、処分を求める文書を提出しました。
 遺族「遺族の気持ちが理解できないのか」
 亡くなった岩瀬加奈さんの母親の裕見子さんは、「本人がどのような思いでツイッターに投稿したのかはわかりませんが、私たち遺族にとっては、事件を軽視しているような文章で、ばかにされたように感じました。裁判官である前に、1人の人間として、大切な人を奪われ悲しんでいる遺族の気持ちを理解できないのだろうかという気持ちでいっぱいです」と話しています。
 岡口裁判官とは
 岡口基一裁判官(51)は、平成6年に任官し、東京地方裁判所などを経て、現在は東京高等裁判所で民事裁判を担当しています。
 民事裁判に関する著書があり、ツイッターでは司法関連などのニュースをリツイートしたり、鍛えた体の写真を投稿したりしていて、中には白い下着姿の写真もあります。去年6月には、ツイッターに投稿した画像などをめぐって東京高裁から注意を受けていました。
 東京高裁「文書の内容を精査 適切に対処」
 東京高等裁判所の吉崎佳弥事務局長は、「文書の内容を精査し、事実関係を確認したうえで適切に対処したい」とコメントしています。
 また、裁判所のホームページに判決文を掲載していたことについては、性犯罪などの判決は掲載しないという内部のルールに反していたことがわかったということで、「直ちに非公開の措置を講じ、ご遺族の代理人におわびした」としています。
(12月26日 18時47分 NHK)

裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める

 東京都江戸川区で2015年、高校3年の岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件の遺族が26日、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)が同事件の控訴審判決についてツイッターに載せた文面で不愉快な思いをしたとして、裁判官の厳重な処分を求める要望書を高裁に提出した。
 高裁は1日、強盗殺人罪などに問われた青木正裕被告(31)に対し1審に続いて無期懲役を言い渡した。
 岡口裁判官は同事件の担当ではなかったが、遺族らによると、15日夕、自身のツイッターで「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨(むざん)にも殺されてしまった17歳の女性」と掲載。判決文を閲覧できるページへのリンク先も貼り付けていた。
 遺族は16日昼、岡口裁判官のツイートに対し「非常に不愉快です」と送信。数分後に岡口裁判官のツイートは消されたが、説明や謝罪はなかったという。
 高裁は取材に「事実関係を確認した上で適切に対処したい」と回答した。その上で、リンク先は裁判所の公式サイトだと説明。性犯罪に関わる判決文は載せないルールになっていたとして、高裁として遺族側の弁護士におわびしたという。
 岡口裁判官は取材に「(ツイートは)事件の本質がわかるような表現にした」と回答。遺族の抗議に対応していないことについては「抗議をされた方が本当に遺族の方なのかどうかわからなかったが、自分はクレームが付いたツイートは直ちに削除するようにしている」などと回答した。【石山絵歩】
(2017年12月26日 20時09分(最終更新 12月26日 22時54分) 毎日新聞)

女性殺害事件判決文、誤って公開 裁判官ツイートで判明

 2015年に東京都内の女性が殺害された事件をめぐり、凄惨(せいさん)な事件や性犯罪などは非公開とすると定めた内部の基準に反して、東京高裁が事件の判決文を裁判所のウェブサイトに公開していたことが分かった。高裁の裁判官のツイッターをきっかけに26日、判明。高裁は同日削除し、遺族側に謝罪した。
 高裁によると、この裁判の担当ではなかった高裁の岡口基一裁判官(51)が15日にツイッターに事件の判決文のリンク先を添付して投稿。これに対し、遺族が26日に代理人弁護士を通じて裁判官への処分を求める要望書を提出した。判決文の掲載について、高裁は遺族側に謝罪した。
 最高裁は今年2月、社会的関心の高い事件などの判決文をウェブ上で公開するよう各裁判所に促すと同時に、性犯罪などは非公開とする基準を示していた。
(2017年12月27日19時36分 朝日新聞)

「白ブリーフ裁判官」がツイートでまた問題 遺族抗議「事件ちゃかしているように感じる」

 「白ブリーフ裁判官」のツイートがまた問題になった。東京都江戸川区で2015年、当時17歳の都立高3年女子が殺害された事件に関し、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)が「無惨にも殺されてしまった」などと投稿、両親が26日、被害者の尊厳への配慮が全くないなどとして処罰を求める要望書を高裁に提出した。投稿は削除された。
 要望書などによると、岡口裁判官は15日、高裁の判決文が掲載された裁判所のホームページのアドレスとともに「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」とツイッターに投稿した。事件の審理には関わっていない。
 被害者の母親は「事件をちゃかしているように感じる。現職裁判官の行為として信じられず、許せない」と話した。高裁の吉崎佳弥事務局長は「要望書の内容を精査し、事実関係を確認して適切に対処したい」とコメントした。
 岡口裁判官は東大卒で1994年に任官し、大阪高裁などを経て2015年4月から現職。ツイッターに「エロエロツイート頑張るね。白ブリーフ一丁写真とかもアップしますね」「行きつけの飲み屋でSMバーの女王さまに縛ってもらった」として男性の半裸画像などを投稿、16年6月に高裁長官から口頭で厳重注意を受けていた。
 最近も頻繁にツイッターを更新しており、裁判や事件、政治の話題に関する話題の合間に、男性モデルやアスリートのパンツ姿の画像などを掲載。アカウントの背景には自身の白ブリーフ姿の写真が使われている。
(2017.12.28 ZAKZAK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます