報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

県立大の男性元職員、雇い止め無効判決 地裁 /高知

 6年間の就労を前提に職員となったにも関わらず、4年5カ月で雇い止めとなったのは無効だとして、県立大に勤務していた男性が大学を運営する県公立大学法人を相手取り、地位確認と未払い賃金の支払いを求めた訴訟の判決が17日、高知地裁であった。西村修裁判長は雇い止めを無効とし、未払い賃金の支払いなどを命じた。
 判決によると、男性は災害看護学の専門家を養成するプロジェクトを担う非正規雇用職員として、2013年から同大学で勤務。3回の雇用契約更新を繰り返し、18年3月末で雇い止めされた。同じ使用者の下で5年を超えて有期労働契約が結ばれた場合、無期契約に転換できるという労働契約法上の規定の適用が争点の一つだったが、西村裁判長は「法を潜脱するかのような雇い止めを是認することはできない」と述べた。
 原告の男性は「大学が体制を改めることを切に願う」とのコメントを発表。同法人は「判決の理由をよく読んで今後のことを判断したい」とした。【北村栞】
(2020年3月18日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます