報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

13歳の長男、トイレに閉じ込めた両親に実刑判決

 香川県坂出市で昨年12月、中学生の長男(13)をトイレに閉じ込めたりロープで縛ったりしたとして、監禁と逮捕の罪に問われた歯科技工士、小西正規被告(49)に、高松地裁は22日、懲役1年8月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。妻の安寿紗被告(31)は懲役1年4月(求刑懲役1年6月)とした。
 「盗み食いをやめさせるためだった」との被告らの主張に対し、浜優子裁判官は、長男をそのような行動に追い込んだのは食事制限などの虐待が原因だったと指摘。「子供のしつけとして相当ではない」と批判した。
 判決によると、平成29年12月18日、長男を作業場のトイレに閉じ込めて外から施錠し、約1時間監禁。同月23日には自宅で、約5時間半にわたり長男の両手首と両足首をロープで縛った。
(2018.8.22 16:38 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます