報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

会社パソコン365台購入装い転売 元社員の男に懲役4年 高松地裁

 転売目的で私的に購入したパソコンを、勤務先だった合成化学製品メーカー「大倉工業」(香川県丸亀市)が購入したように装い、会社に代金約3600万円を支払わせたとして、詐欺の罪に問われた元社員、中平卓也被告(43)=高知県大月町=に高松地裁は8日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 横山浩典裁判官は判決理由で、上司の印鑑を無断で押すなどして書類を不正に作成し、適切な購入手続きを装った計画的、巧妙な手口で常習性は極めて高いと指摘。転売の利益を遊興費として使い切り、既に支払った20万円以外に弁償の見込みもなく、実刑が相当と判断した。
 判決によると、平成27年1月〜28年6月、自ら購入した計365台のパソコンを大倉工業が購入したと装い、代金約3600万円を社名義の口座から家電量販店名義の口座に振り込ませた。
(2017.8.8 17:04 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます