報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

徳島の男性、道のへこみで転倒 県に371万円支払い命令 高裁判決 /高知

 徳島県阿南市の男性(58)が高知県内の国道をバイク運転中に転倒したのは高知県が道路管理を怠ったためとして、男性が県を相手取り、治療費など814万円を支払うよう求めた訴訟の控訴審判決が18日、高松高裁(神山隆一裁判長)であり、男性の訴えを棄却した1審・徳島地裁判決を取り消し、県に371万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は2016年7月、徳島県から高知県方面へ同僚2人とオートバイでツーリング。香美市の国道195号を走行中に転倒し、肩鎖関節脱臼やあばら骨を折るけがを負った。
 事故現場には中央線付近約40メートルに渡って20カ所のへこみがあった。県は「段差は小さく、通常の運転技能で注意して走れば転倒しない」と主張した。しかし、神山裁判長は「男性がへこみの隅付近を連続して通り、車体が上下に弾んで制御不能の状態に陥った」と指摘。「二輪車が道路を通った際、安定性を失って転倒する危険な状態が存在した」と認め、県の主張を退けた。一方、男性が不注意だった点を考慮して過失相殺した。
 県道路課は高裁判決について「判決文を精査中でコメントしかねる。上告するかは精査後に決める」としている。【郡悠介】
(2020年6月19日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます