報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

南アの強盗致傷、被告に懲役9年 地裁判決 /山梨

 南アルプス市の民家で現金約700万円を奪うなどしたとして強盗致傷などの罪に問われた静岡県島田市、木工作業員、鈴木貴文被告(44)の裁判員裁判で、甲府地裁(横山泰造裁判長)は25日、懲役9年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。
 現場に行かなかった鈴木被告は「強盗の認識はなかった」と述べ、弁護側も窃盗罪の成立を主張したが、横山裁判長は「実行犯らが情報提供した鈴木被告に無断で計画を強盗に変更して実行する事態は想定できない」と退けた。さらに横山裁判長は判決理由で「自らは表に出ず共犯者らに実行させ分け前を得ている点は卑怯(ひきょう)」と非難した。
 判決によると、鈴木被告は男4人と共謀し2018年12月2日、南アルプス市の男性宅に侵入し、現金約700万円とギフト券約1000枚(約50万円相当)を奪い、男性の胸に軽いけがをさせるなどした。【金子昇太】
(2020年6月27日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます