報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

甲府の強盗致傷 宮田被告に懲役8年の判決 地裁 /山梨

 甲府市で2017年に民家に押し入り住民にけがをさせたとして強盗致傷罪などに問われた甲府市の無職、宮田憲斗被告(27)に対し、甲府地裁は19日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。
 横山泰造裁判長は被害者と面識のない実行犯が現金が隠されていた3階を中心に探していた点などを挙げ、事情を知る立場にあった宮田被告が実行犯に情報提供し、強盗を指示していたと認定した。横山裁判長は「重要な役割を果たした」と述べた。
 判決によると、宮田被告は男3人と共謀し、17年7月25日、甲府市の民家に押し入り、住民の女性の両手両足を縛るなどして約2週間のけがをさせた。【金子昇太】
(2019年6月20日 毎日新聞)

このページへのコメント

自分この宮田と同じ中学の同級生でした。

当時から悪さばっかりしてて、自分や他の同級生は何かにつけて理不尽に殴られたりしました。中学2年の時に年少に入り中3の途中で帰ってきました。相変わらずでした。卒業式は確か居なかったです。

高校生になってから別の高校に行ってましたが学校の人間と揉めて僅か数ヶ月で退学になってました。

それからの足取りは掴めなかったのですが、この事件の数年前に茨城・土浦?で住居侵入で捕まったとネットニュースを見て知りました。

そしてこの甲府の事件。いい歳こいて年下のガキ引き連れて高齢者の家に侵入して強盗って、一体何やってんだか。ただただ、ダサすぎる。

0
Posted by たつや 2020年01月31日(金) 16:54:57 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます