報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

34歳男に懲役8年 南ア強盗致傷で地裁判決 /山梨

 昨年12月、南アルプス市の民家に男らが押し入り現金が奪われた事件で、強盗致傷などの罪に問われた相模原市の設備工、久保田諒被告(34)の裁判員裁判で、甲府地裁(横山泰造裁判長)は6日、懲役8年(求刑・懲役11年)の判決を言い渡した。
 横山裁判長は久保田被告が実行犯を募り、被害者の情報を提供したと指摘。さらに犯行状況を実行犯から報告を受けていたことや、実行犯より多い報酬を得たことなどを挙げ、「強い意欲をもって犯行に関与し、不可欠で重要な役割を果たした」と指摘した。
 判決によると、久保田被告は他の男らと共謀し、2018年12月2日午後9時15分ごろ、南アルプス市の男性宅に侵入し、現金約700万円とギフト券約1000枚(約50万円相当)を奪った上、男性の上半身を押さえるなどした際に胸に約1週間のけがをさせるなどした。【金子昇太】
(2019年12月7日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます