報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

会社役員襲撃事件・金丸被告に懲役28年判決

 山梨県甲府市朝気の住宅で会社役員の男性が襲われ死亡した事件の裁判員裁判は28日、25歳の被告に対する判決公判が開かれました。甲府地裁は凶悪で理不尽な犯行で尊い命を奪ったとして懲役28年を言い渡しました。
 黒のスーツに身を包んだ細身の男はゆっくりとした足取りで入廷しました。甲斐市富竹新田の無職金丸拓人被告25歳です。
 金丸被告は2016年8月、他の男と共謀して強盗目的で甲府市朝気の住宅に押し入り会社役員の若宮利雄さん当時73歳を暴行して死亡させ、駆け付けた警備員にもけがをさせたとして強盗致死傷などの罪に問われています。
 裁判で金丸被告は暴行については否認し、弁護側は、共犯の男の指示に従った従属的な立場で若宮さんの死亡は想定外と訴え懲役25年が相当と主張しました。
 これに対し検察側は金丸被告は犯行に不可欠な役割を果たし、他に悪質な強盗傷害や窃盗も繰り返したとして懲役30年を求刑していました。
 28日の判決で甲府地裁の丸山哲巳裁判長は「事件前のドライブレコーダーの会話から若宮さんに対する強い暴行の認識があった」と述べ死亡は想定外とした弁護側の主張を退けました。
 その上で「2人がかりの理不尽で凶悪な犯行で尊い命を奪った」として懲役28年を言い渡しました。
 金丸被告の弁護人は控訴するか被告と相談したいとしています。
 なおこの事件を主導したとされる共犯の男は甲州市の会社員の男性が長野県南牧村で遺体で発見された事件でも起訴され、今後、裁判員裁判が行われます。
(2019.02.28 19:00 テレビ山梨)

甲府の強盗致死で懲役28年判決 甲府地裁、25歳男に

 甲府市で2016年8月、不動産会社役員、若宮利雄さん(当時73)が金品目的で襲われ死亡した事件の裁判員裁判で、甲府地裁は28日、強盗致死などの罪に問われた山梨県甲斐市の無職、金丸拓人被告(25)に懲役28年(求刑懲役30年)の判決を言い渡した。
 判決理由で丸山哲巳裁判長は、事前に神奈川県厚木市の無職、武井北斗被告(25)=強盗致死罪などで起訴=から電話で「暴行で死んでしまっても構わない」などと計画を知らされており、暴行の共謀があったと認定。駆け付けた警備員の頭部を鎌で殴るなど、従属的立場ながら重要な役割だったと指摘した。〔共同〕
(2019年2月28日 21:28 日経新聞)

甲府・強盗致死 金丸被告、懲役28年 地裁判決「強い暴行認識明らか」 /山梨

 甲府市の会社役員が自宅で襲われて死亡した事件で、強盗致死などの罪に問われた甲斐市の無職、金丸拓人被告(25)に対し、甲府地裁の裁判員裁判は28日、懲役28年(求刑・懲役30年)の実刑判決を言い渡した。丸山哲巳裁判長は「被害者は何の落ち度がないにもかかわらず理不尽にも命を奪われた」と述べた。
 弁護側は、死亡した甲府市朝気1の会社役員、若宮利雄さん(当時73歳)に対する暴行に、金丸被告は加わっておらず「死亡は想定外」などと主張していた。
 丸山裁判長は、金丸被告が、武井北斗被告(25)=強盗殺人などの罪で起訴=と2人で殴る蹴るの暴行を加えて若宮さんを失神させるつもりだったと公判で証言した点を踏まえ「強い暴行をする認識があったことは明らか」と指摘。直接暴行を加えたとまでは認定できないものの「若宮さん宅に侵入して物色し、暴行の場面にも居合わせた。重要な役割を果たしている」と述べた。
 判決によると、金丸被告は2016年8月17日夜、武井被告と共謀し、金品を奪う目的で若宮さん宅に侵入して暴行を加えて死亡させ、駆け付けた警備員の顔や左腕に2週間のけがをさせるなどした。【井川諒太郎】
(2019年3月1日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます