報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

甲州男性殺害事件で1人目の被告に懲役30年判決 

 甲州市の男性が殺害され、長野県南牧村で遺体がみつかった事件の裁判員裁判で、被告の男1人に対する判決公判が開かれました。
 甲府地裁は「無慈悲で悪質な犯行」と指摘し、求刑通り懲役30年を言い渡しました。
 上下グレーのスウェット姿の男はやや足早に入廷しました。
 強盗殺人などの罪に問われた甲府市下今井町の土木作業員、若槻和希被告(25)です。
 若槻被告はおととし11月、3人の男と共謀して、甲州市の斉藤弥生さん(当時36)から金品を奪う目的で斉藤さんの自宅に侵入し、斉藤さんを暴行して殺害した罪に問われ、斉藤さんの遺体は北杜市との境にある長野県南牧村で発見されました。
 裁判で若槻被告は殺意を否認し、弁護側は強盗致死罪の適用を主張。
 検察側は「犯行は卑劣で殺意は明らか」として懲役30年を求刑し、裁判は殺意の有無を争点に30日の判決を迎えました。
 判決で甲府地裁の丸山哲巳裁判長は「硬い棒を頭部を狙って両手で振り下ろし、無抵抗の斉藤さんの動きを完全に止めようと多数回殴り殺意は認められる」としました。
 その上で「犯行には計画性があり無慈悲で悪質」と求刑通り懲役30年を言い渡しました。
 この事件では若槻被告のほか、甲府市出身の武井北斗被告ら23歳と25歳の男4人が強盗殺人などの罪で起訴されて、今後は4人の被告の裁判員裁判が順次始まります。
(11/30(金) 19:00 テレビ山梨)

山梨の強盗殺人、懲役30年

 2016年11月、山梨県甲州市の会社員斉藤弥生さん=当時(36)=を殺害し、遺体を長野県南牧村の畑に埋めたとして、強盗殺人などの罪に問われた甲府市の土木作業員若槻和希被告(25)の裁判員裁判で、甲府地裁は30日、求刑通り懲役30年の判決を言い渡した。
 事件では強盗殺人や強盗致死の罪に問われた4人を含む計5人が起訴され、判決は初めて。判決理由で丸山哲巳裁判長は「帰宅した無抵抗の斉藤さんを一方的に3人で暴行し、無慈悲で非常に悪質」と指摘。殺意がなかったとの弁護側主張に対しては、バットのようなもので頭などを殴っており、死亡の危険を認識していたと退けた。
(11/30(金) 17:51 共同通信)

南牧の事件で甲府の男に懲役30年判決

 2016年11月に山梨県甲州市の会社員斉藤弥生さん=当時(36)=を殺害し、遺体を南佐久郡南牧村野辺山の畑に埋めたとして、強盗殺人などの罪に問われた甲府市の土木作業員若槻和希被告(25)の裁判員裁判で、甲府地裁は30日、求刑通り懲役30年の判決を言い渡した。
 事件では、強盗殺人や強盗致死などの罪に問われた5人が起訴されており、判決は初めて。若槻被告の弁護人は控訴するか「未定」とした。
 判決で丸山哲巳裁判長は、若槻被告が仲間と3人で、無抵抗な斉藤さんを一方的に暴行した犯行を「無慈悲で悪質」と強調。命に関わる頭部をバットのような硬い棒状の凶器で殴っている点などから「被害者を死亡させる危険性が高いと分かりながら行った」として、被告が公判で否定した殺意を認定した。
 その上で「無期懲役も十分に考えられる」としつつ、被告が計画段階では関わっておらず、犯行時も共犯の指示を受けて行動していること、首謀者でないことを指摘。自ら警察に出頭して捜査に協力した―とし、「有期懲役刑が相当」と結論づけた。
 判決によると、若槻被告は、神奈川県厚木市の無職武井北斗被告(25)ら3人と共謀し、16年11月26日午後9時ごろ、斉藤さん方に侵入し、帰宅した斉藤さんを暴行。斉藤さんが勤める店の鍵と乗用車(時価計50万円余相当)を奪い、翌27日午前1時ごろまでの間、斉藤さん方から遺体を埋めた南牧村の畑に運ぶまでの間に殺害した。
(12月1日 信濃毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます