報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

長女嘱託殺人で母親に猶予判決 広島地裁福山支部

 広島県府中市で6月、長女=当時(21)=を刺殺したとして、嘱託殺人の罪に問われた無職上田亜矢被告(49)に、広島地裁福山支部(安西二郎裁判官)は10日、懲役2年10月、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
 判決理由で安西裁判官は「被告の刑事責任は免れない」と指摘した上で、執行猶予の理由について「長女は不登校や両親の離婚話で希望を失い、遺書を書くなど死の意思は明確だった。被告も長女の命を奪ったことで深く傷ついている」と説明した。
 上田被告は6月11日午後、長女から殺害を依頼され、府中市の自宅で長女の腹や首を包丁で複数回突き刺して失血死させた。
(2019年9月10日 11時42分 共同通信)

「自殺願望の娘に頼まれ殺害」母親に執行猶予付き有罪判決

 府中市の住宅で当時21歳の娘本人から頼まれ、包丁で殺害した、嘱託殺人の罪に問われている49歳の母親に対して、広島地裁福山支部は、懲役2年10カ月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。
 この裁判は、府中市の無職、上田亜矢被告(49)が今年6月、自宅で長女の佳奈さん(当時21)に頼まれ、腹や首を包丁で複数回突き刺すなどして殺害した罪に問われているものです。
 判決公判で安西二郎裁判官は、「生命軽視の態度は強い非難を免れない」と指摘したうえで、2人とも精神疾患から、これまでも繰り返し自殺しようとしていたこと。
 また凶器の包丁を2人で購入し、長女自身が自分を刺すなど自殺の意志が明確だったと認定しました。
 そのうえで、「被告自身が深く傷ついているものと考えられる」として、懲役2年10カ月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。
(9/10(火) 19:20 テレビ新広島)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます