報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

詐欺 虚偽契約の元生保社員実刑 地裁支部判決 /広島

 保険契約を装い顧客から2760万円をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた元保険会社員、片山俊一被告(53)=岡山県井原市西江原町=に対し、広島地裁福山支部(安西二郎裁判官)は11日、懲役3年4月(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決によると、片山被告はソニー生命保険福山支社の営業担当だった2013年1月〜17年1月、顧客4人に「元本保証の保険に変更してはどうか」「お金は私に直接渡して」などと虚偽の保険契約を持ちかけ、7回に渡り、計2760万円を社内や喫茶店などでだまし取った。
 安西裁判官は「架空の投資話で預かった金を競馬で失ったのを機に、だまし取っては他の顧客への返済などに充てる自転車操業に陥って犯行に及んだ」と指摘。「立場や顧客からの信頼を悪用し、正規の保険契約申込書に記入させるなど悪質、巧妙だ」と述べた。【松井勇人】
(2018年5月12日 毎日新聞)

保険会社元社員に懲役3年4月 顧客から詐取、広島地裁支部判決

 虚偽の保険契約を持ちかけて顧客4人から計2760万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたソニー生命保険の元社員片山俊一被告(53)=井原市=に広島地裁福山支部は11日、懲役3年4月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決理由で安西二郎裁判官は「預かった金を競馬で失ったことで、顧客から詐取した金を他の顧客への返済に充てる自転車操業に陥り、動機に酌量の余地はない」と述べた。
 判決では、片山被告は「1年間で間違いなく5万〜6万円利率がつく」などと唆し、2013〜17年、総社、井原、福山市の4人から1900万〜100万円を詐取した。
(2018年05月11日 21時41分 山陽新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます