報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

呉の女性殺害 被告に懲役23年「非常に悪質」 地裁判決 /広島

 呉市で昨年10月、会社役員の神垣雅子さん(当時78歳)を殺害し財布を盗んだとして、殺人や窃盗などの罪に問われた無職、恵木一男被告(45)の裁判員裁判の判決公判が25日開かれ、広島地裁(杉本正則裁判長)は懲役23年(求刑同25年)を言い渡した。弁護側は被告の意向を聞き、控訴を検討する。
 判決によると、被告は長年生活や仕事で神垣さんに息子のように世話になっていたが、ささいな口論から持っていた包丁で刺殺し、現金約1万8000円やキャッシュカードなどが入った財布を盗み、預金を引き出そうとした。被告はこれまでの法廷で「意図的に刺したのは1回」と主張したが、神垣さんが着用していた下着に残る痕などから少なくとも2度、意図的に刺したと判断した。
 杉本裁判長は犯行について「非常に危険かつ悪質で、強い殺意があったと言える。遺族の精神的苦痛も軽視できない」と断じた。量刑については「同様の事案の中では相当に重い」とした。弁護側は懲役15年相当が適当としていた。【中島昭浩】
(2019年9月26日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます