報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

広島2人殺傷 懲役27年判決

 広島市安佐北区の路上で昨年1月、2人を殺傷したとして殺人罪などに問われた同区可部3丁目、無職高橋豪被告(35)の裁判員裁判で広島地裁は30日、懲役27年(求刑懲役30年)の判決を言い渡した。
 弁護側は統合失調症が犯行に影響したとして心神喪失による無罪か心神耗弱による刑の軽減を求めていたが、冨田敦史裁判長は起訴前の精神鑑定は信用できるなどとし「統合失調症が犯行に与えた影響はなく、完全責任能力があった」と判断。「誰もが被害者となり得る通り魔。社会に与えた影響や不安も大きい」と述べた。
 判決によると、高橋被告は昨年1月14日夜、安佐北区可部5丁目のバス停で、バスを待っていた同区の無職座山則男さん=当時(75)=の腹を包丁で刺して殺害し、同区の当時20歳の男子大学生の背中などを刺して殺そうとした。
(2019/7/30 中国新聞)

広島の2人死傷通り魔事件、懲役27年判決…地裁

 広島市安佐北区で昨年1月、2人が殺傷された通り魔事件で、殺人と殺人未遂などの罪に問われた同区の無職高橋豪被告(35)の裁判員裁判の判決が30日、広島地裁であり、冨田敦史裁判長は懲役27年(求刑・懲役30年)を言い渡した。弁護側は控訴の方針を示した。
 判決によると、高橋被告は昨年1月14日夜、同区可部のバス停付近で、自宅から持ち出した包丁(刃体の長さ約16センチ)で同区の無職男性(当時75歳)の腹部を刺して失血死させ、男子大学生(22)の背中や腰などを複数回刺して1週間のけがを負わせた。
 高橋被告には中程度の知的障害と精神疾患があり、弁護側は無罪か刑の減軽を求めていたが、冨田裁判長は「包丁をタオルにくるんで手提げかばんに入れるなど、殺人を実行するために合理的な準備をしている」などとして、完全責任能力を認めた。
(2019/07/30 16:04 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます