報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

かき船移転、訴え却下 原爆ドーム近く、広島地裁

 川の上でカキ料理を提供する「かき船」が2015年、世界遺産・原爆ドーム(広島市中区)近くに移ったことを巡り、被爆者や平和活動をする市民らの団体が、河川を管理する国が運営会社に出した河川占用許可の取り消しを求めた訴訟の判決で、広島地裁(小西洋裁判長)は19日、訴えを却下した。
 判決によると、かき船はドームの約600メートル下流で営業していたが、治水上の問題から国が運営会社に移動を要請。国が14年12月に河川占用許可を出し、ドームから約200メートルの場所に近づいた。
 小西裁判長は判決理由で「料亭は祈りや追悼の場にふさわしくない。許可は世界遺産の保護に反する」との原告の主張について、良好な景観の恩恵を受ける景観利益に関し「個人の利益を保護するものとは言えない」と指摘。「原告らが主観的に抱いている価値観で、客観的に判断することは困難」と原告適格を認めなかった。
 かき船の周辺に住む原告の一部には、訴えを起こす原告適格があることを認めたものの、その権利の中には「景観利益の保護は規定されていない。世界遺産条約の趣旨や目的も個人的利益を保護するものではない」と指摘した。
 かき船が船ではなく建築基準法上の建築物に当たるかどうかについては「市が判断するもので、国が判断する部分ではない」と退けた。〔共同〕
(2018/9/19 13:08 (2018/9/19 13:34更新) 日経新聞)

被爆者ら訴え退ける=原爆ドーム前のカキ船−広島地裁

 川岸に係留した屋形船でカキ料理を提供するカキ船が、原爆ドーム(広島市)近くで営業しているのは「鎮魂と平和の祈念の場にふさわしくない」として、被爆者や周辺住民ら19人が国を相手取り、事業者に出した河川占用許可の取り消しを求めた訴訟の判決が19日、広島地裁であり、小西洋裁判長は訴えを退けた。
 原告側は、ドーム前を流れる元安川などは原爆で亡くなった人が眠る場所で、カキ船の営業により人格権を侵害されたなどと主張していた。
 小西裁判長は、被爆者や原爆遺跡の保存運動をしてきた人については、原告適格がないとして訴えを却下。内心の利益が侵害されたとの主張も認めなかった。周辺住民6人は原告適格を認めたが、許可を出した中国地方整備局長の判断について、「看過し難い過誤、欠落は認められない」と述べた。
 訴状などによると、カキ船は当初、現在よりも約400メートル下流にあったが、1991年の台風で橋に衝突する事故があり、国から撤去を検討するよう要請された。市は「カキ船は魅力的な観光資源」として存続を求め、2014年12月12日に国が占用許可を出し、原爆ドーム近くに移転した。
 判決後の報告集会で、原告団長の金子哲夫さん(70)は「市民がつくり上げた世界遺産である原爆ドームの価値が壊されようとしている。判決は容認できない」と不満をあらわにした。
(2018/09/19-13:54 時事ドットコム)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます