報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

福山の老々介護殺人 「心神耗弱の疑い残る」 妻に猶予判決 地裁 /広島

 認知症を患う夫の首を絞め殺害したとして、殺人の罪に問われた福山市大門町1、無職、高田和子被告(82)に対する裁判員裁判の判決で、広島地裁(小川賢司裁判長)は29日、懲役3年執行猶予5年(求刑・懲役6年)を言い渡した。小川裁判長は「重度のうつ病で心神耗弱の状態にあった疑いが残る」として、完全責任能力があるとする検察側の主張を退けた。
(2017年11月30日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます