報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

岡山大学・元薬学部長らが停職処分や解雇の無効を求める裁判 広島高裁岡山支部が控訴を棄却

 岡山大学の元薬学部長ら2人が同僚へのパワハラなどを理由に受けた停職処分や解雇の無効を求める裁判で、広島高裁岡山支部は19日、教授らの控訴を棄却しました。
 岡山大学薬学部の森山芳則元教授と榎本秀一元教授は、他の教員にメールで誹謗中傷するなどのパワハラ行為を理由に2014年に停職9カ月などの懲戒処分を受けました。
 また、学生の論文の多くに不正があり岡山大学の学長らが不正の隠ぺいを指示したという情報をマスコミに提供したとして、2016年に解雇されました。
 森山元教授らは停職処分と解雇の無効を求め提訴しましたが、2019年5月に岡山地裁で棄却され、控訴していました。
 19日の判決で広島高裁岡山支部の塩田直也裁判長は「情報提供は公益的な目的があったとは言えない」として元教授らの控訴を棄却しました。
 この判決について岡山大学は「主張の正当性が改めて認められた」とコメントしています。
(3/19(木) 18:16 瀬戸内海放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます