報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

7月参院選、1票格差は「合憲」…広島高裁岡山支部

 「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選について、広島高裁岡山支部(塩田直也裁判長)は31日、「合憲」とする判決を言い渡し、岡山選挙区の住民が求めた選挙無効(やり直し)の請求を棄却した。原告側は即日上告した。
 二つの弁護士グループが全国8高裁・6支部に計16件の訴訟を起こし、判決は8件目。「違憲状態」2件、「合憲」6件となった。
 2016年参院選は「鳥取・島根」「徳島・高知」をそれぞれ1選挙区にする「合区」の導入で最大格差が3・08倍となり、最高裁は17年の判決で合憲と判断。今年7月の参院選では埼玉選挙区の改選定数を1増させ、格差は3・00倍になった。塩田裁判長は判決で「定数増は時間的な制約がある中、格差是正の現実的な選択肢」とした。
(2019/10/31 18:02 読売新聞)

参院選「合憲」6件目=3倍の「1票格差」−広島高裁岡山支部

 「1票の格差」が最大3.00倍だった7月の参院選は投票価値が不平等で違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の8件目の判決で、広島高裁岡山支部(塩田直也裁判長)は31日、格差を「合憲」とし、請求を棄却した。「合憲」は6件目。2件は「違憲状態」とした。無効訴訟は16件起こされ、判決が出そろった後、最高裁が統一判断を示す見通し。
 塩田裁判長は2016年参院選の3.08倍から縮減させた埼玉選挙区の定数増について、「現実的な選択肢で漸進的な是正を図った」と評価。合区の弊害にも触れ、単に合区対象を増やすことは「制度の抜本的見直しとは言い難い」と述べた。
(2019年10月31日15時48分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます