報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「岡山市の決定は法を逸脱」裁判所が市の控訴棄却 無償介護打ち切り裁判

 障害者が65歳を境に、無償の訪問介護を受けられなくなるのは違法だと岡山市の男性が訴えている裁判の控訴審で広島高裁岡山支部は岡山市の控訴を棄却しました。
 生まれつき全身にマヒを抱えている浅田達雄さん(70)は、障害者自立支援法に基づく無償の訪問介護が65歳で打ち切られ、自己負担が生じるのは違法だと岡山市を訴えていました。3月の1審判決では岡山市の対応は法の解釈や適応を誤っているとして、市の決定を取り消した上で慰謝料100万円あまりを支払うよう命じ、岡山市が控訴していました。
 13日の控訴審判決で、広島高裁岡山支部の松本清隆裁判長は「岡山市の決定は自立支援法第7条を逸脱している」などとして控訴を棄却しました。
 この判決を受け浅田達雄さんは会見で「僕の尊厳が回復してとても嬉しいです」と話しました。一方、岡山市の大森雅夫市長は「今後の対応を検討したい」とコメントしています。
(12月13日 18:15 瀬戸内放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます