報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

原本未完成のまま判決言い渡し 判事の懲戒、地裁求める

 判決の原本が未完成のまま判決を言い渡していたとして、岐阜地裁は13日、同地裁の山崎秀尚判事(58)の懲戒を求める申し立てを名古屋高裁にした。
 岐阜地裁によると、山崎判事は名古屋地裁岡崎支部に在任中だった昨年4月17日〜今年3月30日の間、36件の民事訴訟で、判決の原本が完成していない状態で判決を言い渡していた。民事訴訟法の「判決の言い渡しは、判決書の原本に基づいてする」との規定に違反するという。
 山崎判事は岐阜地裁の調べに対し、判決言い渡しの時点で草稿のようなものはあったと説明しているといい、「事件処理に追われ、やむなく行ってしまった」と話しているという。判決言い渡しの際、判決原本を確認する立場の担当書記官は「原本がないことは認識していたが、対応に苦慮し、原本があったかのように記録に記載してしまった」と話しているという。
 今年4月、名古屋地裁が控訴事件の記録を点検した際、判決言い渡しの期日から当事者への判決正本の送達まで通常より時間がかかっていたことが分かり、発覚した。岐阜地裁は、控訴や上告をされた事件を除いて「再審事由に当たるものはないと思われる」としている。名古屋地裁は事件の当事者らに連絡を取り、謝罪しているという。
 山崎判事は4月、岐阜地裁多治見支部に異動。その後、5月16日付で岐阜地裁に異動になり、破産事件などを担当している。岐阜地裁の田村真所長は「法を順守すべき裁判官が法律に基づかない手続きを行ったことは誠に遺憾であり、再発防止に努めたい」との談話を出した。
(2018年6月13日13時19分 朝日新聞)

判決原本作らず言い渡し 岐阜地裁裁判官、36件分

 岐阜地裁は13日、民事訴訟で判決書の原本を作らないまま判決を言い渡していたとして、同地裁所属の山崎秀尚(ひでひさ)裁判官(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てたと発表した。
 地裁によると、山崎裁判官は名古屋地裁岡崎支部の判事だった2017年4月17日〜18年3月30日の間、担当した36件の民事訴訟について判決書の原本を作らず、手控えの草稿しかない状態で判決を言い渡したとされる。「事件処理に追われて、やむなく行ってしまった」と話しているという。同期間に山崎裁判官が言い渡した判決は118件だった。
 今年4月上旬、名古屋地裁が控訴事件の記録を点検中、判決書正本を原告や被告に送るまでに時間がかかっている事案に気づき、調査していた。
 民事訴訟法は、裁判官は署名押印した判決書の原本に基づき、判決を言い渡すことを定めている。書記官が確認して記録することになっているが、岐阜地裁によると、当時担当した書記官は原本がないことを認識していながら指摘せず、「対応に苦慮して通常の記載をしてしまった」と説明しているという。
 地裁によると、36件の判決の法的効力は、控訴や上告されている事件については現在審理している裁判所が判断する。確定した事件の中に再審すべき事案はないとしている。
 岐阜地裁の田村真所長は「法を順守すべき裁判官が法律に基づかない手続きを行ったということは誠に遺憾であり、再発防止に努めたい」とコメントした。
(2018年6月13日 14時48分 中日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます