報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「妻に注意受けても…」大麻栽培・密売の男に懲役5年

 営利目的で大麻を栽培しおよそ500万円で会社員に譲り渡したなどとして大麻取締法違反などの罪に問われていた男の裁判で熊本地方裁判所は懲役5年など、実刑判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、嘉島町の無職 高松竜也被告(38)です。
 起訴状などによりますと高松被告は、おととし12月下旬から半年の間に、益城町の自宅で大麻草を営利目的で栽培し、会社員の男に乾燥大麻約1700グラムを渡し、506万円を受け取ったなどとして大麻取締法違反などの罪に問われていました。
 18日の判決で、熊本地裁の平島正道裁判長は「妻から注意を受けても大麻の栽培や密売を続け、犯行は反社会的で悪質」として、懲役5年と罰金200万円の判決を言い渡しました。
(6/18(金) 18:35 熊本放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます