報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

国の持続化給付金制度を悪用 元税理士の男に懲役3年、執行猶予5年の判決(熊本)

 新型コロナに伴う国の持続化給付金制度を悪用し、現金100万円をだまし取った罪に問われている元税理士の男に熊本地裁は執行猶予付きの判決を言い渡しました。
 判決によりますと、熊本市中央区帯山に住む元税理士の小山 孝男被告は去年6月、別の男らと共謀し、新型コロナに伴う国の持続化給付金制度を悪用。
 男があたかも個人事業主であるかのように装い、虚偽の内容の申請を行い現金100万円をだまし取ったものです。
 14日の判決で熊本地裁の平島正道裁判官は「税理士であるのにその経験と知識を悪用した」と指摘。検察の懲役3年の求刑に対し、懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。
(6/14(月) 21:00 テレビ熊本)

給付金詐欺の罪に問われている元税理士の男に判決【熊本】

 国の「持続化給付金」を不正に受給したとして、罪に問われている元税理士の男の裁判で、熊本地方裁判所は執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、熊本市東区新南部の元税理士小山孝男被告(69)です。
 小山被告は別の被告たちと共謀し、国が個人事業主に支給する持続化給付金100万円をだまし取った、詐欺の罪に問われていました。
 14日の判決で熊本地裁の平島正道裁判官は「税理士の経験と知識を悪用して、重要な役割を演じた」としながらも「自ら税理士会に退会届を提出し、100万円を慈善団体にしょく罪寄付した」などとして、懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。
(6/14(月) 18:16 熊本放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます