報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

強制わいせつ 被告に有罪判決 地裁支部 /熊本

 熊本県和水町の町営体育館で女子高生の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた同町江田、元体育館管理人、池田武士被告(64)に対し、熊本地裁玉名支部は4日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。柴田啓介裁判官は「性的欲求を満たす目的の身勝手な動機や経緯に酌量の余地はなく、卑劣かつ悪質な犯行」と述べた。
 判決は「被害者の肉体、精神的苦痛は大きい」と指摘。その上で「被告が反省し、社会的制裁も受けている」と執行猶予を付けた理由を述べた。
 判決などによると、池田被告は8月6日、当時管理人を務めていた和水町体育館の事務室で、利用者の女子高生の腰をつかむなどした上、スパッツの上から尻を触るなどのわいせつ行為をした。【清水晃平】
(2019年10月5日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます