報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元国会議員秘書、現金285万円が入った金庫を盗む 懲役1年6月判決

 兵庫県宝塚市の住宅から現金約285万円が入った金庫を盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた元国会議員秘書上倉崇敬被告(47)の判決公判が11日、京都地裁であった。増田啓祐裁判長は懲役1年6月(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 判決によると、上倉被告は仲間の男2人と共謀し、2015年10月8日午後7時半ごろ、宝塚市の住宅に無施錠の窓から侵入し、現金などが入った金庫1個を盗んだ。
 運転手役だったとされる上倉被告は公判で無罪を主張。実行犯の男2人との共謀の有無が争点となった。
 判決理由で増田裁判長は、男2人の供述はほぼ合致しており信用できると認定。一方で上倉被告の供述には不自然、不合理な点があるとして、共謀を認めた。
 上倉被告は二之湯智国家公安委員長(参院京都選挙区)や、佐藤ゆかり衆院議員(比例近畿ブロック)の元公設秘書。10年に京都市左京区の不動産会社社長宅から現金1億円が奪われたとされる事件などで今年3月、京都地裁から懲役13年の判決を受け、大阪高裁に控訴している。
(10/11(月) 20:54 京都新聞)

二之湯・国家公安委員長の元秘書、懲役1年6月の実刑 金庫窃盗で

 兵庫県宝塚市の住宅に侵入し、現金約290万円の入った金庫を盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた元国会議員秘書、上倉崇敬被告(47)に対し、京都地裁は11日、懲役1年6月(求刑・懲役2年6月)の実刑判決を言い渡した。上倉被告は参院京都選挙区選出の自民党現職、二之湯智・国家公安委員長の元公設秘書だった。
 増田啓祐裁判長は「多数回にわたり下見をしたり、犯行に使った車のナンバープレートを付け替えたりするなど計画性が高く、悪質だ」と批判した。
 判決によると、2015年10月に仲間2人と共謀し、住宅の3階の窓から侵入。2階のリビングから金庫を盗んだ。
 上倉被告は10年9月に京都市内の住宅に押し入り、現金1億円を奪ったとして強盗致傷などの罪に問われた1審・京都地裁判決で21年3月、懲役13年を言い渡され、大阪高裁に控訴している。【中島怜子】
(10/11(月) 19:11 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます