報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

逮捕予定日教え容疑者から200万円 元警官に有罪判決

 京都府警元巡査長の捜査情報漏洩(ろうえい)を巡る贈収賄事件で、京都地裁は19日、加重収賄と地方公務員法違反(守秘義務違反)の罪に問われた元巡査長の池田大助被告(41)=懲戒免職=に懲役3年執行猶予4年、追徴金200万円(求刑懲役3年、追徴金200万円)の判決を言い渡した。入子光臣裁判長は「警察官の職務の公正に対する社会の信頼を失墜させ、厳しい非難を免れない」と述べた。
 贈賄罪などに問われた会社役員高橋俊行被告(49)は懲役3年執行猶予4年(求刑懲役3年)とした。
 判決によると、池田被告は東山署刑事課に所属していた2019年3〜4月、署が捜査していた監禁・強盗事件の逮捕予定日を漏らす見返りに、事件で容疑がかかっていた高橋被告から200万円を受け取った。
 入子裁判長は「捜査情報の漏洩により、一度は逮捕を免れるなど、捜査に支障を生じさせた」と指摘。執行猶予付きの判決にした理由について「反省の態度を示し、社会的な制裁も受けている」などと説明した。(向井光真)
(2020年2月19日 12時19分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます