報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

介助不足で複数回転倒し死亡 施設に2800万円賠償命令

 京都市山科区の介護老人保健施設「アビイロードやましな」の入居者男性=当時(82)=が、職員の介助不足により複数回転倒して死亡したとして、遺族が施設を運営する医療法人「稲門会」(左京区)に約4800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、京都地裁であった。島崎邦彦裁判長は、職員の介助義務違反があったとして同法人に約2800万円の支払いを命じた。
 島崎裁判長は、男性が重度の認知症を患っており、転倒のリスクが高いと指摘。施設に入所後、約20日間で3回転倒していたとして、2回目以降の転倒は「頭部を直接床に打ち付け、重大な結果を生じさせる危険が極めて高い状態にあった」と認定した。その上で、男性が歩行する際に職員が付き添い、介助していれば死亡に至る転倒を防げたとした。
 判決によると、男性は2015年8月に施設に入所し、同年11月13日、施設内で転倒。翌日に搬送先の病院で両側前頭葉脳挫傷で死亡した。
(2019年05月31日 19時09分 京都新聞)

介護施設入所者死亡 介助義務果たさず転倒 施設に2800万円賠償命令 地裁 /京都

 京都市山科区の介護老人保健施設で2015年11月、入所男性(当時82歳)が転倒し死亡したのは施設側が付き添いなどの義務を怠ったためとして、遺族が約4800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5月31日にあり、京都地裁(島崎邦彦裁判長)は施設を運営する医療法人「稲門会」(左京区)に約2800万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性はアルツハイマー型認知症が進行し、15年8月に入所。同年10月26日と翌11月8日、13日の計3回転倒し、14日に両側前頭葉脳挫傷により死亡した。いずれも職員の付き添いがなかった。
 島崎裁判長は3回目の転倒の直前、男性が片手に飲み物を持ちながら歩く様子を職員が確認していたことを挙げ、「バランスを崩しやすくする可能性は相当程度高かった」「介助していれば第3転倒を防止することができたのは明らか」とし、職員が介助義務を果たしていなかったと認定した。遺族が主張していた職員による隠ぺい行為は認めなかった。【国本ようこ】
(2019年6月3日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます