報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

警官が女子高生倒しわいせつ「強い非難に値する」有罪判決

 昨年8月、京都市北区の路上で女子高生を引き倒してわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ致傷罪に問われた元京都府警向日町署警部補の東祐馬被告(35)=懲戒免職=の裁判員裁判の判決が18日、京都地裁であった。齋藤正人裁判長は「警察官の地位にあり、一般人に比べより強い非難に値する」として懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年6月)を言い渡した。
 判決理由で、齋藤裁判長は、自分の姿が見られないよう被害者の背後から近づいた点を「卑劣で悪質」と指摘。警察官だったことを踏まえ「犯罪を行ってはならないという、より強い意識を持つべき立場にあった」と述べた。
 判決によると、昨年8月22日午後10時15分ごろ、北区の路上で、自転車を押して歩いていた女子生徒(16)に背後から近づき、生徒の目を手で覆うなどして転倒させ、体を無理やり触るなどわいせつな行為をし、右肘や右膝に軽傷を負わせた。
(2019年03月18日 21時24分 京都新聞)

強制わいせつの元警部補に有罪判決 京都地裁

 女子高生にわいせつ行為をし軽傷を負わせたとして強制わいせつ致傷罪に問われた向日町署交通課の元警部補、東祐馬(あずまゆうま)被告(35)=京都市北区、懲戒免職=の裁判員裁判で、京都地裁(斎藤正人裁判長)は18日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。
 判決によると、東被告は昨年8月22日午後10時15分ごろ、北区の路上で、自転車を押して歩いていた高校2年の女子生徒の背後から近づいて転倒させ、下着の上から下腹部を触るなどして手足などに擦り傷を負わせた。
 斎藤裁判長は判決で「当時16歳だった被害者が被った精神的苦痛は大きい。警察官の地位にあり、より強い非難に値する」とした上で、被害弁償として150万円を支払っている▽再犯を防ぐため治療を受ける意志を示している▽妻と離婚し、勤務先を懲戒免職になった―ことなどを考慮したと量刑理由を述べた。【澤木政輝】
(2019年3月19日 10時12分(最終更新 3月19日 10時22分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます