報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

高齢で無抵抗の父を木製バットで殴り殺害 長男に懲役13年判決

 京都府京田辺市三山木の民家で昨年3月、同居する父親を刺殺したとして、殺人罪に問われた長男の大塚康郎被告(56)の裁判員裁判の判決が21日、京都地裁であった。入子光臣裁判長は「安易で身勝手な犯行」だとして懲役13年(求刑懲役18年)を言い渡した。
 入子裁判長は判決理由で、弁護側が主張した心神耗弱について、状況変化に応じた判断や行動があるとして完全責任能力を認定。動機は父親に対する悪感情や同居生活での不満と指摘した。高齢で無抵抗の父親に対して、木製バットで繰り返し殴るなどの犯行態様は「強固な殺意に基づく執拗(しつよう)な攻撃で、相応に悪質」と述べた。一方で、被告が反省している点などを情状として考慮した。
 判決によると、昨年3月12日午後2時半〜3時ごろ、自宅で父親の繁昭さん=当時(85)=の頭部を木製バットやバールで数回殴った上、きりで胸を刺して殺害した。
(2019年02月21日 22時25分 京都新聞)

京田辺の父殺害 56歳被告に懲役13年 地裁判決 /京都

 昨年3月に京田辺市の自宅で父親の胸を刺すなどして殺害したとして殺人罪に問われた長男で映像制作会社社員、大塚康郎被告(56)の裁判員裁判で、京都地裁(入子光臣裁判長)は21日、懲役13年(求刑・懲役18年)を言い渡した。
 判決によると、大塚被告は同居の父繁昭さん(当時85歳)への不満から殺害しようと考え、昨年3月12日午後2時半〜3時ごろ、京田辺市三山木野神の自宅で繁昭さんの頭を木製バットやバールで数回殴った上、胸をキリで1回突き刺し、緊張性気胸で死亡させた。
 弁護側は大塚被告に発達障害があり、当時は心神耗弱状態だったと主張して責任能力を争ったが、判決は医師による鑑定の結果、「精神疾患に罹患(りかん)しておらず、完全責任能力を有していた」と認定した。
 入子裁判長は「高齢で無抵抗の父親を繰り返し殴った上、キリで心臓を狙って突き刺すなど、強固な殺意に基づき執拗(しつよう)な攻撃を加えた」と指摘した。【澤木政輝】
(2019年2月22日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます