報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

伏見2人殺傷 過剰防衛で殺人罪認定 被告に懲役7年判決 京都地裁裁判員裁判

 京都市伏見区の路上で2017年12月、男性2人を刺して死傷させたとして殺人と殺人未遂の罪に問われた同区の無職、中村正勝被告(51)の裁判員裁判で、京都地裁(斎藤正人裁判長)は12日、殺人未遂罪を無罪とし、殺人罪で懲役7年(求刑・同22年)を言い渡した。
 判決によると、中村被告は17年12月31日午後3時ごろ、伏見区肥後町の路上で、大津市のアルバイト、猪飼将希さん(当時27歳)の胸を所持していた小刀で2回刺して殺害。猪飼さんの知人で同市の自営業男性(47)の左腕などを刺し、全治5週間の重傷を負わせた。判決は殺人未遂について「正当防衛が成立する」として無罪とし、殺人については過剰防衛だったと判断した。
 中村被告と自営業男性の娘との間で金銭トラブルがあり、当日は男性ら計4人が被告の自宅マンションを訪れ、路上で口論となった。中村被告は男性にプラスチック製コンテナで殴打されたため男性を刺し、素手で飛びかかってきた猪飼さんの胸を突き刺した。
 斎藤裁判長は被害者2人による急迫不正の侵害があったと判断。男性への反撃は「やむを得なかった」とした一方、猪飼さんは素手だったことなどから「小刀で振り払うとか、手足を刺すとか、他の手段も可能だった」として「反撃は過剰防衛に当たる」と述べた。
 京都地検の鈴木真理子次席検事は「判決内容を精査し、上級庁と協議のうえ、適切に対応したい」とのコメントを出した。【澤木政輝】
(2019年2月12日 18時20分(最終更新 2月12日 18時21分) 毎日新聞)

2人殺傷「殺人未遂は正当防衛」殺人罪は懲役7年判決 京都地裁印刷用画面を開く

 京都市伏見区の路上で2017年大みそかに男性2人が刃物で刺されて死傷した事件で、殺人と殺人未遂の罪に問われた中村正勝被告(51)の裁判員裁判の判決が12日、京都地裁であった。齋藤正人裁判長は殺人未遂については正当防衛を認めて無罪とし、殺人罪については過剰防衛だったとして懲役7年を言い渡した。求刑は懲役22年だった。
 判決によると、17年12月31日午後3時ごろ、伏見区肥後町の路上で、大津市のアルバイト猪飼将希さん=当時(27)=の知人の男性(47)からプラスチック製の箱で殴打された際、素手で突っ込んできた猪飼さんに対して、防衛の程度を超えて胸部を突き刺すなどして殺害した。
 齋藤裁判長は、判決理由で、知人男性らの攻撃は「いずれも急迫不正の侵害であり、反撃行為はやむを得ない」と認定。その上で猪飼さんへの反撃は「過剰なもので、致命傷に至らない他の手段を選択することが可能だった」とした。
 京都地検の鈴木眞理子次席検事は「判決内容を精査し、上級庁と協議の上、適切に対応したい」とコメントした。
(2019年02月12日 19時00分 京都新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます