報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

無痛分娩ミスで娘に重度障害 京都地裁が原告の請求棄却

 麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産した長女が深刻な脳障害を負ったのは医療ミスがあったためだとして、京都府内の夫婦が同府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であり、藤田昌宏裁判長は請求を棄却した。原告側は控訴する意向を示した。
 藤田裁判長は判決理由で「医師の医療行為について過失が少なからず認められる」とする一方で、「長女の障害が、分娩中の医師の注意義務違反に起因すると認めるには至らない」として訴えを退けた。
 判決によると、母親(36)は平成23年4月、同医院で長女を出産した。この際、医院は分娩監視装置を装着せず、痛みを和らげるための硬膜外麻酔を実施し、陣痛促進剤を注入。帝王切開で出産した長女は脳障害を負って生まれ、約3年半後に亡くなった。
 母親は「判決には納得できないので、大阪高裁に控訴して争いたい」とコメント。同医院をめぐっては、別の2家族が同様の訴訟をそれぞれ京都地裁に起こしている。
(2018.3.27 10:17 産経WEST)

京都地裁 無痛分娩訴訟で賠償請求を棄却

 麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で生まれた長女が脳性まひなどの重度の脳障害を負ったのは医師の不適切な処置が原因だったとして、京都府京田辺市の夫婦が同市の医院「ふるき産婦人科」と執刀した男性院長に慰謝料など計約1億円の損害賠償を求めた訴訟で京都地裁は27日、請求を棄却した。藤田昌宏裁判長は、院長に過失があったとしながらも、脳障害との因果関係は認めなかった。判決によると、院長は2011年4月19日、無痛分娩のため脊髄(せきずい)近くに麻酔薬を入れる「硬膜外麻酔」をしたうえで、子宮収縮剤を投与した。長女は帝王切開で生まれたが、脳性まひなど重い脳障害を負い、14年12月に3歳で亡くなった。
 判決は子宮収縮剤の濃度が通常より高かった点や、胎児の心拍などを測る分娩監視装置を病院が一時使用していなかった点などを挙げ、「注意義務違反が認められる」と指摘した。【飼手勇介】
(2018年3月27日 12時14分(最終更新 3月27日 12時14分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます