報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

伏見の男性刺殺 理髪店主殺害、首謀者に懲役20年 「最も重い責任」 地裁判決 /京都

 2016年9月に京都市伏見区の路上で同区の理髪店経営、渡辺直樹さん(当時46歳)を殺害したとして殺人罪に問われた住所不定、塗装業、倉本嘉太郎被告(39)の裁判員裁判で、京都地裁(入子光臣裁判長)は14日、懲役20年(求刑・懲役23年)の有罪判決を言い渡した。
 判決によると、倉本被告は渡辺さんに多額の借金の返済を迫られ、金銭トラブルで優位にあった元土木作業員、福光大悟受刑者(35)=殺人罪などで懲役18年が確定=に渡辺さんの殺害を指示。渡辺さんは同月28日、福光受刑者と配管工見習い、前田晃始被告(28)=殺人罪などで懲役14年の判決=に包丁で計51回刺され失血死した。
 倉本被告は起訴内容を否認したが、入子裁判長は「実行役を車に乗せてホームセンターへ行き包丁を購入したことや、事前に被害者宅などを案内したことを述べた関係者の供述は信用できる」などとして共謀を認定。「殺害を立案し、指示を与えるなど首謀者で、最も重い責任を負う。公判では不合理な弁解に終始し、反省がうかがわれない」とした。【澤木政輝】
(2018年12月15日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます