報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

夫殺害、82歳妻に法定刑下回る判決 「絶望的な状況」

 認知機能が衰えた夫(当時87)を自宅で窒息死させたとして、殺人罪に問われた京都府福知山市の妻(82)の判決公判が10日、京都地裁であった。妻は精神的に不安定な状態で、夫から日常的に暴力を受けていたと認定。中川綾子裁判長は「絶望的な状況にあり、動機は同情に値する」と述べ、法定刑(懲役5年以上)を下回る懲役3年保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決によると、妻は昨年2月、ガスコンロの使い方をめぐって夫と口論になり、生活の現状と将来を悲観。横たわっていた夫の首を絞めて死亡させた。
 妻は手術で目が弱ったと感じるようになり、精神状態が悪化。夫について回ることが増え、夫婦げんかが絶えなくなったという。
 公判では、刑事責任能力があるかが争点になった。判決では、確実に死なせる方法をとり、息子に「まだ警察には通報していない」と電話で伝えていたことから、罪を認識していて責任能力があると認定した。動機については「生活状況は客観的に見ても絶望的で、このような状況になった原因について被告を非難できない」と指摘。反省し、息子たちも厳罰を望まないことを考慮し、法定刑を下回る判決となった。
(2018年1月11日07時25分 朝日新聞)

夫殺害の妻に法定刑下回る猶予判決 京都「生活は絶望的」

 京都府福知山市の自宅で夫を殺害したとして、殺人罪に問われた妻(82)の裁判員裁判の判決が10日、京都地裁であった。中川綾子裁判長は「生活状況は絶望的で被告を非難することはできず、法定刑(殺人罪は5年)の下限を超えて酌量軽減すべき」として、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 判決によると、妻は2017年2月4日午前7時15分ごろ、同市夜久野町板生の自宅で、夫=当時(87)=の首を電気コードで絞めて窒息死させた。公判では、被告のうつ病による責任能力の有無が争点となっていたが、中川裁判長は「うつ病が犯行そのものに直接与えた影響は大きいとは言えない」として「完全責任能力が認められる」とした。
 その上で、妻は16年秋からうつ病が重症化したが、軽度の認知症がある夫からの理解が得られず、暴力も振るわれ、同年末に自殺未遂に至ったと説明。その後も周囲の十分な支援が得られなかったなどとして、「絶望的な状況から逃れるために衝動的に殺害に至った動機は強く非難できず、同情に値するものと言わざるを得ない」と述べた。
(1/10(水) 22:50 京都新聞)

DVに支援無く「絶望的」、夫殺害妻に酌量減軽

 自宅で高齢の夫の首を電気コードで絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた京都府福知山市の無職女性被告(82)に対し、地裁は10日、同罪の法定刑の下限(懲役5年)を下回る懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。
 中川綾子裁判長は、「被告は重いうつ病で、夫から暴力を受けていたが、周囲からの十分な支援はなく、絶望的な状況だった」と指摘、「強く非難できず、同情に値する」として酌量減軽を適用した。
 判決では、被告は昨年2月4日朝、福知山市内の自宅で、2人暮らしだった夫(当時87歳)の首を電気コードで絞めて窒息させ、殺害した。
 判決後に元裁判員らが記者会見し、20歳代の女性は「法律家の立場からは、量刑にばらつきがあると言われるかもしれないが、市民感覚で決めた」と話した。
(2018年01月11日 15時12分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます