報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

教員不倫で京都市に賠償命令 支援学校の元生徒が訴え

 京都市立の総合支援学校で教員だった男性(60)と不倫関係になり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、元生徒の女性(23)が市に慰謝料など450万円を求めた訴訟の判決で、京都地裁は30日、市に150万円の支払いを命じた。
 三木昌之裁判長は判決理由で交際のきっかけとして「男性が指導の一環として行った悩み相談だった」と指摘。男性は教師の地位を利用して関係を続けたとして、市の責任を認めた。
 判決によると、男性は平成24年8月から、当時高等部3年だった女性と性的関係を続け、女性の卒業後に不倫関係が終了。女性は「信頼していた教師に遊ばれた」とショックを受けて心身の不調を訴えるようになり、PTSDと診断された。
(2017.11.30 18:46 産経WEST)

妻帯者の教諭が生徒と性交渉 京都市に賠償命令

 京都市立鳴滝総合支援学校(右京区)の元教諭の男性(60)から巧みに誘われて性的関係を持つようになり、精神的苦痛を受けたとして、元生徒で発達障害のある女性(23)が市に450万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、京都地裁であった。三木昌之裁判長は市に150万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は妻帯者だったが、学校の悩み相談をきっかけに2012年8月から当時生徒だった女性と性的関係を持ち、「妻と離婚する」などと言って卒業後も関係を続けた。女性は13年夏から心身に不調をきたし、心療内科に通院し、勤務先も退職した。
 三木裁判長は、女性は軽度の知的障害や発達障害があり、依存する傾向があったとし、「教師という立場を利用し、相談に乗る傍ら性交渉を持った。女性の同意は瑕疵(かし)あるもので、性的自由を侵害する不法行為」と指摘した。さらに「心のケアである悩み相談が契機。性的自由の侵害は教師の職務と一体不可分」として市の責任を認めた。
(11/30(木) 22:31 京都新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます