報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

宮崎・乳児殺害 元少女に懲役3年6月判決 地裁 /宮崎

 宮崎県内の自宅で出産した男児を窒息させて殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた当時19歳の元少女(20)に対する裁判員裁判で、宮崎地裁は30日、懲役3年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。福島恵子裁判長は「犯行は自己中心的で無責任。当時の年齢を踏まえても大きく酌むべきものはない」と指摘した。
 判決は、交際相手との間に男児を妊娠した元少女が家族に話せば別れさせられると考え、ひそかに出産して殺害したと認定。「交際相手との関係を維持するため、男児の生命より出産を家族に気づかれないことを優先した」と指摘した。
 元少女は2018年11月23日、自宅で出産した男児の顔を毛布で覆うなどして窒息死させ、遺体をビニール袋に入れ自室に遺棄したとして起訴された。【柳瀬成一郎】
(2019年7月31日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます