報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

都城市の請求棄却 新燃降灰訴訟

 都城市が発注した新燃岳(しんもえだけ)の降灰収集運搬業務を巡り、収集量を水増しして委託料をだまし取ったとされる業者元社長ら4者(2法人、2個人)に対し、同市が計7094万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、宮崎地裁(五十嵐章裕裁判長)は29日、請求を棄却した。水増しや賠償責任を一部認め、損害額と遅延損害金の総額は計2123万円と判断した上で、被告側の弁済金によって全て支払われたとした。
(11/30(木) 11:08 宮崎日日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます