報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

本巣の83歳夫殺害、妻に猶予付き判決

 岐阜県本巣市の自宅で昨年9月、介護していた夫の福田栄一さん=当時(83)=の首を絞めて殺したとして、殺人の罪に問われた妻信子被告(77)の裁判員裁判で岐阜地裁は30日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。入江恭子裁判長は判決理由で「結果が重大で、殺害しようとする意欲も強かった」と非難した。
 一方で、被告は認知症だった夫を数年間1人で介護。さらに、自身の頸椎(けいつい)症の悪化で体を思い通り動かせず精神的に追い詰められていたと認め、「心中する他ないとの心境に至ったことも理解できなくはない」と述べた。親族が処罰を望んでいないことなどを踏まえ、執行猶予付きの判決とした。判決を言い渡した後、入江裁判長は「(栄一さんの)供養を続けてほしい。栄一さんのためにも、生きてしっかり償いをすることを望む」と被告を諭した。
 判決によると昨年9月15日ごろ、栄一さんの胸を包丁で突き革製ベルトや電源コードで首を絞めて窒息死させた。
(2021年5月1日 05時00分 (5月1日 05時01分更新) 中日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます