報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

公用車速度超過で女性巡査長に罰金 岐阜簡裁判決

 岐阜市で昨年7月、勤務中に法定速度を約50キロオーバーで公用車を運転したとして、道交法違反(速度超過)の罪に問われた岐阜北署の女性巡査長(24)=休職中=に岐阜簡裁は29日、求刑通り罰金10万円の判決を言い渡した。判決理由で熊野浩靖裁判官は、交通量の多い幹線道路での高速走行について「大事故に直結しかねない危険な運転」とし「警察官にとって、あるまじき行為」と非難した。
 判決によると、岐阜市菅生の県道で昨年7月6日、法定速度を52キロ上回る時速約112キロで乗用車を運転した。
 巡査長は同所で単独事故を起こし、ドライブレコーダーの解析などで速度違反が分かった。昨年10月に書類送検され、岐阜区検が略式起訴したが、簡裁は略式命令を「不相当」と判断し、正式裁判となった。
(2019年01月30日 09:00 岐阜新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます