報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

岐阜県下呂市の県立高校1年の女子生徒(16)が覚せい剤3グラムを所持したとして1月に現行犯逮捕された事件で、岐阜家裁は4日、覚せい剤取締法違反(所持、使用)の非行内容を認定し、生徒の少年院送致を決めた。
阿久津見房裁判官は決定理由で「健全な育成のために集中的な矯正教育をする必要がある」と述べた。
県警によると、生徒は1月20日、覚せい剤と注射器13本を持って下呂署に出頭した。尿から覚せい剤の成分が検出されたため、使用容疑で追送検。岐阜地検が家裁送致していた。
(中日新聞 2016年3月4日 23時35分)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます