報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

政活費訴訟 60万円返還命令 岡山市議会5会派「一部支出違法」 地裁 /岡山

 2014年度に岡山市議会の5会派に支出された政務活動費(政活費)のうち約465万円は違法な支出だとして、市民オンブズマンおかやまが大森雅夫市長に対し、会派に返還請求するよう求めた訴訟の判決が24日、岡山地裁であった。善元貞彦裁判長は一部を違法と認め、5会派に約60万円の返還を求めるよう市長に命じた。
 5会派は「新風会」「自民党市議団・無所属の会」「市民ネット」「明政クラブ」「ネクスト岡山」。
 判決で善元裁判長は、政活費をグアムへの視察旅費に充てていた新風会について「政務活動と私的活動が混在している」と指摘。同会所属の議員のホームページ(HP)管理費についても、HPの内容が市政報告と議員個人の政治活動報告が混ざっているとして、それぞれ4分の1〜半額分については政務活動とは認められないと判断した。
 市民オンブズマンおかやま代表幹事の光成卓明弁護士は「旅費の一部が違法と認められたことは評価できる」と話した。大森市長は「関係者や弁護士と協議の上、検討したい」とコメントした。【益川量平】
(2018年4月25日 毎日新聞)

岡山市長に返還請求命令 岡山地裁、市議会政務活動費で

 岡山市議が2014年度に使った政務活動費のうち約466万円は違法な支出として、市民オンブズマンおかやまが、市議会5会派(当時全9会派)に返還させるよう大森雅夫市長に求めた訴訟の判決で、岡山地裁は24日、各会派の計約61万円を不当と認め、市長に返還請求するよう命じた。
 判決理由で善元貞彦裁判長は、グアムと韓国・富川市への視察の一部について、ショーを観賞しながらバーベキューの夕食を取ったり、報告書の内容が感想程度だったりしたケースなどがあり、「政務活動と私的活動が混在している」と指摘した。
 市議のホームページ管理料に関しては「顔写真付きのプロフィルやあいさつ文の掲載は政務活動以外の個人PRが目的」とし、半額は個人負担が相当とした。
 判決を受け、同オンブズマン代表の光成卓明弁護士は「全面的に満足な結果とは言えないが、評価できる部分もある」と話した。大森市長は「市の主張が認められなかった部分の対応については、関係者や弁護士と協議の上で検討したい」とコメントした。
(4/24(火) 22:17 山陽新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます