報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

東京高裁 ツイッター書き込み 岡口裁判官を厳重注意処分

 東京都江戸川区で2015年に岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件で、2審判決に関する個人ツイッターの書き込み(ツイート)で不快な思いをしたとして、遺族が、発信した岡口基一・東京高裁裁判官(52)の処分を求めていた問題で、同高裁は19日、「書き込みで被害者遺族の心情を害した」として岡口裁判官を文書による厳重注意処分としたと明らかにした。
 岡口裁判官は16年、ツイッターに自身の半裸写真などを掲載したことで、同高裁から口頭による厳重注意処分を受けている。
 厳重注意処分は裁判所の内規に定められ、裁判所法に基づく懲戒処分より軽い。同高裁は今回の処分理由について「裁判官として不適切な行為で、裁判所に対する国民の信頼を損なった」としながらも、過去の例と比較して裁判手続きが必要な懲戒処分にするのは重すぎると判断した。
 処分は今月15日付。19日夕、高裁幹部から説明を受けた岩瀬さんの母、裕見子さん(49)は「このような行為が懲戒処分にならないなら、組織としてツイッターの内容をチェックできる仕組みが必要だ」と話した。
 この事件では、昨年12月1日に同高裁判決があった。担当外の岡口裁判官が同15日、裁判所のホームページに掲載された判決文のリンク先を添付し「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」とツイート。遺族がツイッターを通じて抗議すると、削除された。
 同高裁によると、岡口裁判官は処分を受け「改めて反省している。ツイッターは継続する」と話しているという。【石山絵歩】
(2018年3月19日 21時12分(最終更新 3月20日 06時26分) 毎日新聞)

岡口裁判官を厳重注意処分 個人ツイッターに不適切投稿

 2015年に東京都内の女性が殺害された事件を巡るツイートで遺族の心情を害し、裁判所に対する信頼を損ねたとして、東京高裁は19日、岡口基一裁判官(52)を文書による厳重注意処分とし、発表した。処分は15日付。女性の遺族が高裁に処分を求めていた。
 高裁の説明では、岡口裁判官は昨年12月15日、個人のツイッターに、高裁が内規に反して事件の判決文を掲載していたウェブサイトのリンク先を添付して投稿した。岡口裁判官は女性の事件の審理は担当していなかった。遺族からの抗議を受け、高裁は同月にサイトから判決文を削除するとともに、遺族側に謝罪。19日は遺族と面会し、処分内容などを説明したという。
 高裁によると、岡口裁判官は「反省している。注意を受けたことを忘れないようにしたい」と話した。ツイッターは継続する意向という。
 岡口裁判官は1994年に任官。大阪高裁裁判官などを経て、15年4月から現職。16年にも、自身のツイッターに上半身裸の男性の写真などを投稿したとして、東京高裁から口頭で厳重注意処分を受けている。
 東京高裁の吉崎佳弥事務局長は「現職の裁判官が不適切な行為を再び行ったことは誠に遺憾である」とコメントした。
(2018年3月19日23時00分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます