報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「怒りから殺意に」交際女性の自宅に侵入、女性といた同僚男性を殺害…懲役14年判決

 交際中の女性宅にいた同僚男性を殺害したとして、殺人罪などに問われた神奈川県横須賀市、無職吉沢弘紀被告(30)の裁判員裁判で、横浜地裁(奥山豪裁判長)は16日、懲役14年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。
 判決によると、吉沢被告は昨年7月20日、横浜市金沢区の交際女性方に侵入し、女性といた同僚の横堀紘和さん(当時31歳)の胸を包丁で刺すなどして殺害した。
 奥山裁判長は、怒りから殺意に転じたことに酌量出来る事情は認めず、「動機は自己中心的」と述べた。
(2021/06/17 16:18 読売新聞)


元京急運転士に懲役14年 同僚刺殺で、横浜地裁

 横浜市金沢区のマンションで昨年7月、京浜急行電鉄の同僚男性を刺殺したとして、殺人と住居侵入の罪に問われた元運転士の無職、吉沢弘紀被告(30)の裁判員裁判で、横浜地裁は16日、懲役14年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。
 奥山豪裁判長は判決理由で、心臓を刃物で貫いた上、助けを求める男性を室内に引き戻して襲ったのは「残忍で強い殺意が認められる」と指摘した。
 一方、交際していた女性のふりをして、男性が別れを切り出すメッセージを被告に送った行為は「強い怒りを招くことが想像でき、落ち度が皆無とは言いがたい」とした。(共同通信)
(2021年6月16日 17時33分 東京新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます