報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女児に性的暴行など 男に懲役と罰金の判決 横浜地裁

 女子児童に性的暴行を加え、カメラで撮影したなどの罪に問われていた男の裁判で、横浜地裁は懲役10年と罰金の判決を言い渡しました。
 起訴状などによりますと、東京都杉並区に住む無職の近藤善広被告は、おととし2月、当時小学6年生の女子児童に性的暴行を加えたうえ、その様子をデジタルカメラで撮影したなどとして強制性交等や児童ポルノ製造の罪などに問われていました。
  11日の判決で横浜地裁の渡邉史朗裁判長は「行為の様子を商品にして高額で販売するために撮影したことは、保護されるべき立場にある児童の人格を、何ら顧みない非道な態様」と指摘。
 「被害児童の人生にこのような爪痕を残した被害結果も重いというほかなく、児童ポルノの販売等が割に合わない行為であることを知らしめるためにも罰金刑を併科するのが相当」などとして、近藤被告に懲役10年、罰金50万円の判決を言い渡しました。
(10/11(月) 13:25 テレビ神奈川)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます