報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

雇い止め 幼稚園元園長、勝訴 無期転換権利認める 地裁 /神奈川

 幼稚園の園長をしていた女性が、雇い止めされたのは不当だとして、運営する学校法人を相手取り、改正労働契約法に基づく無期転換を申し込む権利の確認などを求めていた訴訟の判決が27日、横浜地裁であった。新谷晋司裁判長は雇い止めについて「合理性を認められない」として、女性の訴えを認める判決を言い渡した。
 改正労働契約法では、2013年4月以降に結んだ有期契約が更新されて通算5年を超えた場合、労働者が無期契約への転換を申し込む権利を得る「無期転換ルール」が定められた。原告の伊勢原市に住む女性(72)は学校法人信愛学園が運営する認定こども園「伊勢原幼稚園」で09年度から1年の雇用契約で園長として同幼稚園に勤務していた。17年度まで契約更新を繰り返し、18年度が無期雇用契約への転換の権利を得る時期だったが、17年11月に雇い止めの通知を受けた。
 原告の女性は28日、横浜市内で記者会見。「もやもやしていたことがはっきりして、とてもうれしい」と話し、原告側代理人弁護士は「不当な雇い止めにあっても無期転換の権利が認められた意義のある判決」と評価した。
 信愛学園は「これから判決文を読んで対応を検討する」とコメントした。【中村紬葵】
(2020年2月29日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます