報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

中国籍姉妹殺害、被告に懲役23年の判決 横浜地裁

 神奈川県秦野市の山林に放置されたスーツケースから昨年7月、中国籍の姉妹が遺体で見つかった事件で、殺人罪などに問われた岩崎竜也被告(40)の裁判員裁判の判決公判が20日、横浜地裁であった。青沼潔裁判長は「強固な殺意は明らかだが、特別残虐とは言えない。ずさんな行動に終始し、犯行は綿密ではない」として、懲役23年(求刑死刑)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。
 判決によると、岩崎被告は昨年7月6日、横浜市中区のマンションの一室に侵入し、この部屋に住む飲食店従業員の陳宝蘭さん(当時25)と妹の専門学校生、陳宝珍さん(当時22)の首を絞めて殺害したうえ、7日に遺体をスーツケースで運び出し、秦野市の山林に遺棄した。
 弁護側は無罪を主張したが、青沼裁判長は「防犯カメラの映像などから、犯行時間帯に部屋に出入りしたのは、被告だけだった」として、被告が犯人であると認定した。
 横浜地検の山口英幸次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議し、適切に対応したい」とコメントを出した。
(2018年7月20日11時32分 朝日新聞)

横浜地裁 中国人姉妹殺害 被告に懲役23年判決

 知人の中国人姉妹を殺害して遺体を神奈川県秦野市内の山中に遺棄したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職の岩崎竜也被告(40)に対する裁判員裁判で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は20日、懲役23年(求刑・死刑)を言い渡した。
 判決は、被告の他に姉妹の部屋に出入りしていた者はおらず、第三者の介在はないと認定した。一方、被告が否認しているため具体的な動機が明らかではないと指摘。「強固な殺意があったが、ずさんな行動に終始しており妹の殺害、遺棄までは計画していたとは認められない」として、有期懲役刑の上限の23年に減軽した。
 弁護側は、被告は姉妹から偽装失踪に協力するよう頼まれ、姉妹を生きたままキャリーバッグに入れ偽装失踪を手助けする業者まで運んだだけとして、無罪を主張。検察側は「計画的で強固な殺意があった」と指摘していた。
 判決によると、岩崎被告は昨年7月、姉妹が住む横浜市中区のマンションに侵入し、無職の姉(当時25歳)と専門学校生の妹(同22歳)の首を絞めて殺害し、遺体をキャリーバッグに詰めて秦野市の山林に遺棄した。【木下翔太郎、中村紬葵】
(2018年7月20日 11時23分(最終更新 7月20日 13時18分) 毎日新聞)

中国人姉妹殺害、懲役23年判決 被告は硬い表情崩さず

 中国人姉妹の自宅に侵入して2人を殺害し、遺体を山林に遺棄したとして、殺人と死体遺棄などの罪に問われた男(40)=横浜市青葉区=の裁判員裁判で、横浜地裁は20日、懲役23年(求刑死刑)の判決を言い渡した。青沼潔裁判長は被告の関与を認定したが、計画性の乏しさなどを理由に「死刑選択がやむを得ないとは言えず、無期懲役の選択も困難」とした。
 公判で被告は姉妹の殺害などを全面的に否認。在留資格の切れる姉から別人に成り済ます計画への協力を頼まれたとした上で、2人を生きたままキャリーバッグに入れて自宅から運び出す偽装の失踪騒ぎを起こしただけだと主張していた。
 青沼裁判長は判決理由で、失踪生活に欠かせないはずの多額の現金が姉妹宅に残されていた点から、被告の供述の信用性を否定。姉妹宅のマンションの防犯カメラ映像などを基に第三者が介在した可能性を否定し、「被告が2人を殺害した犯人であると認められる」と述べた。  動機に関しては、好意を寄せていた姉から偽装結婚を求められていた経緯を挙げ「姉に対する殺意が生じたとみて何ら不自然なことはない」とした。妹については、姉の殺害の発覚を恐れてとっさに殺意が生じた可能性を指摘した。
 量刑理由については、刃物を用いるような残忍な手口でなかったことや、綿密な計画性まで認められないことなどを重視。遺族の厳しい処罰感情や被告に反省の態度が見られないことを考慮しても、「死刑や無期懲役の選択の決め手にならない」とし、今回の事案での有期刑の上限となる懲役23年が相当とした。
 弁護側は判決を不服として即日控訴した。横浜地検の山口英幸次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。  判決によると、被告は昨年7月6日、横浜市中区の女性=当時(25)=と妹=同(22)=宅に侵入し、2人の首を圧迫して殺害。2人の遺体をキャリーバッグに詰め込み、翌7日に乗用車で秦野市の山林まで運んで遺棄した。
 公判で一貫して関与を否定してきた被告は、主文の言い渡し後も硬い表情を崩すことなく前を見据え続けた。  これまでの公判と同様、黒縁眼鏡に水色のネクタイ、紺のスーツ姿で入廷。開廷前は、組んだ手の指をしきりに動かすなど落ち着かない様子だったが、裁判長に促されると大股で証言台の前に進み出た。
 判決の言い渡し中は時折深呼吸し、肩を上下させるしぐさを見せたが、終始、視線を落としうつむくような姿勢は変わらなかった。閉廷時には正面に向かって一礼。弁護人とわずかに言葉を交わした後は、刑務官の指示に淡々と従って法廷を後にした。
 判決後に会見した裁判員を務めた50代の男性はこの日の被告について「これまで同様、眉間にしわを寄せて難しい顔で聞いていたように見えた」と話した。
(公開:2018/07/21 02:00 更新:2018/07/21 02:00 神奈川新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます