報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

被告に懲役17年判決 相模原市美容師殺害事件

 相模原市南区のアパートの一室で平成28年6月、住人の女性美容師=当時(23)=が殺害された事件で、殺人の罪に問われた元交際相手で住所不定の無職、村上徹被告(40)の裁判員裁判の判決公判が20日、横浜地裁(片山隆夫裁判長)であり、片山裁判長は懲役17年(求刑18年)を言い渡した。
 片山裁判長は判決理由で、検察側が主張する「交際中の女性から避けられ、腹を立てて殺害した」との犯行動機について「ただちに殺害動機に結びつくものではない」とした一方、絞められた痕が残る女性の首の付着物から村上被告のDNA型が採取されたことや、死亡推定時刻帯に村上被告が女性宅を訪れていたことなどから「被告が犯人であると認められる」と指摘した。
 その上で「犯行は悪質。被害者は美容師の夢を断たれ、23歳の若さで絶命した」と指弾した。
 判決によると、村上被告は28年6月7日深夜から8日未明までの間、同市南区内の女性宅で、女性の首をひものようなもので絞めて殺害したとしている。
(2018.12.20 18:34 産経新聞)

相模原の美容師殺害 懲役17年 強固な殺意認定 地裁判決 /神奈川

 相模原市で2016年6月、交際相手の女性美容師(当時23歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた住所不定の無職、村上徹被告(40)に対する裁判員裁判の判決が20日、横浜地裁であった。片山隆夫裁判長は懲役17年(求刑・懲役18年)を言い渡した。
 判決は、詳細な犯行動機は不明とする一方で、村上被告が強固な殺意を抱いていたと認定した。女性の遺体などから被告のDNA型が検出されていることについては、女性の死に近接した時期や犯行の際に、被告が女性に接触したことを示していると考えるのが合理的とした。
 量刑について、判決は、被告が犯行後に偽装工作を行っていたことを考慮した。さらに被告が公判で不自然で不合理な弁解に終始するなど、事件に向き合っていないとして、懲役17年が相当とした。
 判決によると村上被告は16年6月7日夜から8日未明の間、相模原市南区の女性宅で、電気コードのようなもので女性の首を絞めて女性を窒息死させた。【木下翔太郎】
(2018年12月21日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます