報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

泥酔女性9人にわいせつ、懲役15年判決「悪質さ際立つ」

 電車内で泥酔した女性を探しては自宅に連れ込み、わいせつな行為を繰り返したとして、女性9人に対するわいせつ略取や準強制わいせつ、強姦などの罪に問われた無職の男(36)の判決公判が6日、横浜地裁であった。青沼潔裁判長は「被告が性犯罪に極めて強い常習性を有している」として、懲役15年(求刑懲役16年)を言い渡した。
 青沼裁判長は判決理由で、被告が事前に睡眠薬を大量に準備して言葉巧みに服用させていたことなどから、「巧妙かつ計画的だ」と指摘。周囲に不審がられないよう知人や親族を装って介抱しているふりをしていたほか、わいせつ行為の様子をカメラで撮影していた点なども踏まえ、「一連の犯行態様は悪質さが際立っている」と非難した。
 判決などによると、被告は2010年10月〜16年6月、電車内で泥酔するなどした見知らぬ10〜20代の女性計9人を相模原市中央区の当時の自宅に連れ込み、わいせつな行為や乱暴などをした。
(11/6(火) 19:59 神奈川新聞)

<横浜地裁>酔った女性に介抱装いわいせつ 男に懲役15年

 東京都内などを走行中の電車内で酔って眠り込んでいた女性を自宅に連れ帰ってわいせつ行為をしたなどとして、強姦(ごうかん)罪(刑法改正で「強制性交等罪」に名称変更)やわいせつ略取罪などに問われた無職、栗田良文被告(36)に対し、横浜地裁は6日、懲役15年(求刑・懲役16年)の判決を言い渡した。
 判決は、栗田被告が女性を眠らせるための睡眠薬をあらかじめ大量に用意したうえ、電車内などで泥酔した女性を物色しており、犯行は巧妙で計画的だったと指摘。青沼潔裁判長は「悪質さが際立っている」と述べた。
 判決によると、栗田被告は2010年10月〜16年6月、JR線の車内やJR大崎駅(東京都品川区)のホームなどで、居眠りしていた19〜28歳の女性9人に近づき、酔い止めと称して睡眠薬を服用させるなどしたうえ、相模原市中央区内の自宅に連れ込み、わいせつな行為をするなどした。【木下翔太郎】
(11/6(火) 19:06 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます