報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

平塚の幼児わいせつ、元保育士に懲役15年 横浜地裁

 神奈川県平塚市の認可外保育所「ちびっこBOY」などで預かっていた女児計15人に対する強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に問われた元保育士の角田(つのだ)悠輔被告(36)に対し、横浜地裁は26日、懲役15年(求刑懲役18年)を言い渡した。深沢茂之裁判長は「児童の人格を無視し、玩具のように扱った」と非難した。
 判決によると、角田被告は、横浜、平塚両市の保育所に勤務していた2015年4月から16年3月までの間、保育所で預かっていた計15人の女児に対し、下半身を触ったり、写真や動画を撮影したりした。
 角田被告はこれらの事件の前の10年11月、幼児に対する強制わいせつの罪で懲役3年の実刑判決を受けた。出所後、その事実を隠して保育所に勤務していた。
 角田被告は「ちびっこBOY」に勤務していた15年12月、夜勤中に男児(生後4カ月)に暴行を加え、脳挫滅で死亡させたとして傷害致死罪でも起訴されており、同罪は裁判員裁判の対象事件のため、来年1月22日から別に裁判が予定されている。(佐藤栞)
(2017年12月26日14時20分 朝日新聞)

児ポル元保育士に懲役15年 被害女児15人、横浜地裁

 勤務先の保育施設で女児15人にわいせつな行為を繰り返したとして、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた元保育士、角田悠輔被告(36)に、横浜地裁は26日、懲役15年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。
 角田被告は、神奈川県平塚市の保育施設で2015年、当時生後4カ月の男児が死亡した事件で傷害致死罪に問われており、来年1月に同地裁で裁判員裁判初公判が予定されている。
 深沢茂之裁判長は「他の保育士がいない時間帯を狙うなど、計画的かつ常習的で卑劣極まりない」と指摘。「立場を悪用し、被害児童の未熟さと信頼に乗じた。悪質性は際立っており、厳しい非難に値する」と述べた。
 判決によると、15〜16年、平塚市と横浜市の保育施設で、当時1〜6歳の女児15人に、計50回にわたりわいせつな行為をした上、裸を携帯電話で撮影してデータを保存するなどした。〔共同〕
(2017/12/26 16:43 日経新聞)

女児らにわいせつ 元保育士に懲役15年判決 神奈川

 平塚市の無認可保育所「ちびっこBOY」で平成27年12月、入所していた生後4カ月の男児が死亡した事件に絡み、別の女児らにわいせつな行為をしたなどとして、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた元保育士、角田悠輔被告(36)の判決公判が26日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、同地裁は懲役15年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。
 深沢裁判長は「保育士の立場を悪用し、極めて多数回にわたり犯行に及んだ。計画性、常習性は極めて顕著」と指摘。「被害児童らの精神的、肉体的苦痛はもとより、健全な生育への悪影響も強く懸念される」と述べた。
 判決によると、27年4月〜28年5月、保育所などで女児ら15人に対してわいせつな行為をしたなどとしている。
 角田被告は、当時生後4カ月の男児に暴行を加え死亡させた傷害致死罪にも問われており、来年1月に初公判が行われる予定。
(12/27(水) 7:55 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます