報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

神奈川県職員の懲戒不服に裁決まで45年 地裁、県に賠償命令 

 神奈川県職員だった横浜市の男性(73)が昭和47年に受けた懲戒処分を不服として県人事委員会に審査請求を申し立てたのに、今年3月の裁決まで約45年もかかったとして、県などに約200万円の損害賠償と裁決の取り消しを求めた訴訟の判決で横浜地裁は、慰謝料20万円の支払いと裁決取り消しを命じた。
 大久保正道裁判長は「速やかに審理を開始し相当な期間内に裁決すべきだった。担当者には少なくとも過失があった」と判断。「45年間を経た後にされた裁決は違法で精神的苦痛を被った」と指摘した。
 判決によると、男性は47年2月に減給の懲戒処分を受け、同年3月に審査を請求。県人事委員会は平成24年7月に審理を開始し、今年3月に請求を棄却する裁決を出した。
 判決後の記者会見で男性の代理人弁護士は「45年かかるのは極めて異例」と強調。男性は「書類がたまり、担当者が処理を避けてしまったのだと思う。県は早急に全面解決の措置を取ってほしい」と訴えた。
(2017.11.17 11:11 産経ニュース)

懲戒不服、裁決まで45年 神奈川県に賠償命令 

 神奈川県職員だった横浜市の男性(73)が1972年に受けた懲戒処分を不服として県人事委員会に審査請求を申し立てたのに、今年3月の裁決まで約45年もかかったとして、県などに約200万円の損害賠償と裁決の取り消しを求めた訴訟の判決で横浜地裁は15日、慰謝料20万円の支払いと裁決取り消しを命じた。
 大久保正道裁判長は「速やかに審理を開始し相当な期間内に裁決すべきだった。担当者には少なくとも過失があった」と判断。「45年間を経た後にされた裁決は違法で精神的苦痛を被った」と指摘した。
 判決によると、男性は72年2月に減給の懲戒処分を受け、同年3月に審査を請求。県人事委員会は2012年7月に審理を開始し、今年3月に請求を棄却する裁決を出した。
 判決後の記者会見で男性の代理人弁護士は「45年かかるのは極めて異例」と強調。男性は「書類がたまり、担当者が処理を避けてしまったのだと思う。県は早急に全面解決の措置を取ってほしい」と訴えた。県人事委員会は「判決への対応についてはこれから決定する」とした。〔共同〕
(2017/11/15 18:06 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます